フリーソフトでDRM解除する方法

著作権保護プログラムのDRMを解除するためにはFairUse4wmというソフトを使います。

http://fairuse4wm.jp.brothersoft.com/

ただし、こちらのソフトだけではDRMを解除することができませんので、以下の環境を揃える必要があります。

 

【2014年11月最新DRM解除環境】

    • Windows XPかつIndivBox.key のバージョンがv11.0.6001.8015以下のもの(XPモードは不可)
(IndivBox.key の場所は:\Documents and Settings\All Users\DRM\IndivBox.key)
  • Windows Media Player 10
 

しかし残念なことに・・・

現在この環境を構築することはほぼ不可能となっています。

 

それは何故かと言うとWindows Media Playerの更新プログラムにIndivBox.key のバージョンがv11.0.6001.8015位上にするプログラムが組み込まれていたからです。そのため、現在上記の環境を揃えるにはIndivBox.key のバージョンがv11.0.6001.8015以下の中古のPCを探す必要があります。

また、FairUse4wmの更新も2008年2月3日で止まっており、更新される見込みもありません。

WS000131

 

さらにDRMを解除することは現在の法律では違反行為になりますので、行ってはいけません。

 

そのため、現在ではDRMを解除せずに高画質録画する方法が主流になっています。

lp_moviegrabber

私はDRMのかかった動画ファイルを保存するのにムービーグラバーを使っていますが、このソフトのメリットは合法かつどんな環境でも使用できるという点です。

ムービーグラバーの場合は、動画のビデオメモリの情報をそのまま録画するので、キャプチャ録画ソフトのような画質の低下を起こさずに高画質保存することができます。

フリーソフトでDRMを解除できなかった人にはオススメのソフトです。

button

サブコンテンツ

このページの先頭へ