DRMの解除について

DRMとは、コンテンツの著作権を保護し、複製や再生の制限を行う技術のことをいいます。

hogo

(このようにDRMで保護されたコンテンツを見るとこのようになっているのがわかります)

 

この著作権保護プログラムを解析し、制限をなくすことをDRM解除といいます。

 

最近のコンテンツではDRMフリーといったものも非常に増えていますが、iTunes StoreやAmazonで配信されている音楽がメインで動画に関して言うとDRMフリーの概念は広がっていないのが現状です。

 

DRMの解除はできるのか?

結論からいうとフリーソフトを使えばできてしまいます。

 

以前はFairUse4WM、Automate unDRMなど使えば、DRMの解除は可能でしたが、2012年10月の改正著作権法により、技術的保護手段を回避する行為は完全に違法になりました。
※場合によっては刑事罰に問われる可能性もあります。

ネットで使い方を検索すると昔の情報としてDRMの解除方法が出てくると思いますが、この方法でDRMを解除する行為は違法なので絶対におこなわないようにしてください。

 

また、ソフト以外にも必要な環境を構築することが現状かなり困難なため、現実的ではないようです。

 

そこで当サイトでは『DRMを解除せずに録画』できるムービーグラバーを紹介しています。

 

ムービーグラバーの場合は、DRMで保護された動画を高画質キャプチャによって保存するため、視聴期限を気にすることなく楽しむことができます。

 

ただし、保存した動画をネット上にアップしたり、第3者に譲渡してしまうと法に触れてしまいますので、あくまでも個人で楽しむ程度にモラルを守って利用しましょう。

202.214.252.1691

コメントは利用できません。

免責事項

当サイトではムービーグラバーというソフトをご紹介しています。 当サイトの情報の正確性は記事投稿時点のものであり、現在も同様の機能・動作が行われるとは限らず、保証はしていません。 また当サイトの情報は作者の主観を十分に含んでいるため、実際の使い心地などは当サイトで紹介している内容と異なる場合があります。従いまして、当サイトで紹介している商品の正しい情報は必ず販売元のページをご確認ください。なお、当サイトで紹介しているムービーグラバーは録画ソフトであり、DRMなど著作権保護を解除する機能はありません。

禁止事項

わないでください。ムービーグラバーで録画した動画は個人での視聴など私的利用に限ってご利用いただけます。私的利用の範囲を超えた使い方は絶対に行わないでください。
ページ上部へ戻る